トップページ > 技術とサービス > レーザー切断について

技術とサービス

一覧  |  ガス切断について >>

レーザー切断について

鋼板を切断するレーザー切断機のノズル部分
レーザー切断は、発振器から伝送されてきたレーザーを集光レンズで細く絞り照射することで、対象を溶融させ、集光レンズと同軸に配置したノズルから出るアシストガスで溶融部分を吹き飛ばし、切断する加工法です。レーザー切断は、非接触で高速・高品質切断が可能であるため、多品種少量生産に適しています。相鐵は、発振器出力、加工テーブルサイズの異なる3基のレーザー切断機で、多品種少量生産への対応力を高めています。

このページのトップへ