トップページ > 技術とサービス > シャー切断について

技術とサービス

<< ガス切断について  |  一覧  |  バンドソー(鋸盤)切断について >>

シャー切断について

コーナーシャー(アマダ製、CSH-220)のブレード
シャー切断は、はさみやギロチンと同じ原理を使った「剪断」による加工法です。具体的には、上刃と下刃の間に対象を挿し込み、強力な剪断力で対象を切断します。鋼材の切断としては、最も初歩的な方法であり、直線刃で対象を断ち切るため、断面は直線になり、曲線には対応できません。相鐵では、コーナーシャーを含めた4基のシャー切断機を保有し、鋼板はもちろん、ステンレスやアルミのシャー切断のご注文をお待ちしております。

このページのトップへ