カテゴリ

タグクラウド

「鉄のプライド」ムービー
相鐵MAP

HOME > 今週の相鐵 > アーカイブ > 2012年9月アーカイブ

今週の相鐵 2012年9月アーカイブ

「先を良く考えた作業」 今週の目標

先を良く考えた作業2012.09.24.JPG先週の2日間、工業高校の2年生がふたり、職場体験として相鐵で働きました。

「1日がとても早かった」、「自分の父親もこんな仕事をしていると思うと、すごい」といった感想を残してくれました。

何もかもがはじめての彼らと、いま相鐵で毎日働いている私たちのちがいは、「先を読む力」にあります。

次はこうなるからこれをさきにやるという段取りや、あれをこうやると危険だから やらないという予防保全など。

そして、いまさらに必要なのは、仲間が次何をするか、お客様が次何をするか、を考えることです。

自分以外の誰かの「先を良く考えた作業」。これが今週の目標です。


「クレームは財産」 今週の目標

クレームは財産2012.09.18.JPG先週に引き続き、今週も「クレームは財産」が目標です。

薄板に分類されるSPCCや酸洗などの材質はお客様に納品した後の工程で、傷や汚れを嫌う作業が待っています。

同じ鉄であっても、「この製品を使ってお客様は次に何をするのか」を思い浮かべるだけで、製造の時の注意点や仕上げの方法が変わってきます。

そのクレームはなぜ起きたのか、それに耳を傾け、次の作業を想像することが今週の目標です。


「クレームは財産」 今週の目標

クレームは財産2012.09.10.JPG先週、第4工場の厚板在庫のレイアウト改善を実行しました。

幅ごとに並び替え、レイアウトの間に余裕を持たせたことで、在庫の出し入れがスムーズになりました。

ガス切断の効率を上げるための基礎となる改善です。

そして、今週の目標は「クレームは財産」。

お客様のクレームに対して、すぐに誠実に対応することはもちろん、「そのクレームはなぜ起きたのか?」と原因を探り、根本的な対応をとることで、相鐵はさらに一歩前へ進むことができます。

その場しのぎの対応は決してせずに、クレームを財産にするために、真摯に、積極的に動いていきます。


「5Sを考える」 今週の目標

5Sを考える2012.09.03.JPG先週、社外研修に参加した製造部の2名から、「5S」についての報告と提案がありました。

5Sとは製造業の基本である、整理・整頓・清掃・清潔・躾。

改めてこの5Sを考え、実行することが今週の目標です。

製造部だけではなく、営業部も総務部も設計部も配達部も、相鐵のすべての部門が5Sを考え、新しい改善を実行していきます。


« 2012年8月 | メインページ | アーカイブ | 2012年10月 »

このページのトップへ