カテゴリ

タグクラウド

「鉄のプライド」ムービー
相鐵MAP

HOME > 今週の相鐵 > アーカイブ > 2011年9月アーカイブ

今週の相鐵 2011年9月アーカイブ

「思考行動」 今週の目標

思考行動11.09.26.jpg考えて、動いてみること。それが今週の目標です。

変わらなければ、お客様から信頼し続けていただくことはできません。

また、安全第一のためにも、危険を予知し、その芽を摘み取ることが欠かせません。

そのためには、まず考え、動いてみる。

その積み重ねで、相鐵は大きく変化し、成長することができます。


「安全と作業について各自考える四日間」 今週の目標

安全と作業について各自考える四日間11.09.19.jpg「ちょっと」の気持ちが、怪我や体調不良につながることを忘れてはいないか。

機械の操作を覚えたはじめた頃の、向学心が失われてはいないか。

ISO9001の品質方針にも書いた通り、「私たちは、私たち全社員のためにある」のです。

「鉄やステンレスを扱う私たちの仕事は、重く、熱く、いつも危険と隣合わせだ。

お客様の満足と信頼に応えるためにも、私たちは、働く環境をいつも、安全で、清潔で、整理整頓が行き届いた状態にする。

そして何よりも、私たち自身が健康で、おたがいを尊重し、喜びを感じる仕事をしていく」

この品質方針に立ち返り、もう一度、ひとりひとりが安全と作業について考えることを今週の目標とします。


「製品と作業手順の見直し」 今週の目標

製品と作業手順の見直し11.09.12.jpg今日と同じことを明日も続けているだけでは、進歩は生まれず、競争に負け、取り残されてしまうだけです。

改善点がないかどうか考え、思いついたことを試してみることで、相鐵の競争力は高まっていきます。

自分たちの製品を見直し、その製品を作る過程となる作業手順も見直す。

そうすることで、いま以上にお客様から信頼される会社になることを目指します。


「効率良い流れ」 今週の目標

効率良い流れ11.09.05-2.jpg先週に引き続き、「効率良い流れ」が今週の目標です。

特に今週意識するのは、会社全体としての効率です。

部門ごとに、あるいは担当ごとに、その日の仕事量は変動します。

自分の仕事量が少なくても、隣の担当者の仕事がたくさん積み上がっていれば、手を貸す。その視点を、隣だけではなく、会社全体に広げる。

その当たり前の積み重ねで、会社全体としての効率は上がってきます。

工場長が朝礼で言ったように「100年続く会社を目指して」、頭と体をフル回転させながら、仕事をしていきます。


「効率良い流れ」 今週の目標

効率良い流れ11.09.05.jpg「効率良い流れ」が今週の目標です。

子供の頃に学校で経験したリレー競技と同じように、自分がしっかりと速く走り、その上で、バトンタッチを短時間で正確に行う必要があります。

仕事の流れにおいて、全員がリレーをイメージし意識して、お客様に製品を届けるまで効率よく仕事をしていきます。


« 2011年8月 | メインページ | アーカイブ | 2011年10月 »

このページのトップへ