カテゴリ

タグクラウド

「鉄のプライド」ムービー
相鐵MAP

HOME > 今週の相鐵 > アーカイブ > 2009年9月アーカイブ

今週の相鐵 2009年9月アーカイブ

「効率的な作業」 今週の目標

効率的な作業09.09.28.JPG今週の目標は先週に引き続き、「効率的な作業」です。
製造においては、それぞれの担当者が製品の仕上がりをしっかりと確認することで、そこからさかのぼってその製品が仕上がるまでの作業の流れを意識すること ができるはずです。いまよりも、もっと正確に、もっと速く。相鐵の強みであるスピードをさらに伸ばしていくためにも、切断にかかる時間以外の段取りをいま 以上に短縮する必要があります。

「効率的な作業」 今週の目標

効率的な作業.JPGシルバーウイーク明けの今週は、「効率的な作業」が目標です。
機械の動作確認を五感をフルに使って行うことで、仕事をスタートしていきます。
また、機械同様、それぞれの身体についても、急な駆け出しはせず、連休明けであることを意識して、無理のないように、仕事に入っていくことが大切です。
そして、1週間が短いからこそ、いつも以上に、「効率的な作業」を行う必要があります。

「仕事の再確認」 今週の目標

仕事の再確認.JPG「仕事の再確認」が今週の目標です。
製造業においては、工場を一目見るだけで、その会社の良し悪しが分かるといいます。相鐵はどうなのか? 基本中の基本である5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)は徹底できているか? 仕事を頼みたくなる工場になっているか? 
機械のメンテナンス、材料の管理、工具・計測機器の置き場所など、さまざまな面から仕事を再確認していきます。
そして、これはもちろん、工場に限った話ではありません。事務所内の営業・総務・設計(CAD)についても、同じ意識を持たなければなりません。

「クレーンの安全作業」 今週の目標

クレーンの安全作業09.09.07.JPG今週の目標は、先週に引き続き、「クレーンの安全作業」です。
朝礼の中で、工場長は「段取り八分、仕事は二分」という話をしました。
相鐵での仕事、つまり、実際の切断作業・曲げ作業などは、段取りでほとんど決まるということです。それは、工場ではなく、事務所の設計(CAD)や総務、そして、営業も同じです。段取りとは、言い換えれば、仕事の終わりから逆算して、しっかりと準備をすること。
そのいわば「前始末」を安全に徹底して行うことが、今週の目標です。

「クレーンの安全作業」 今週の目標

クレーンの安全作業.JPG相鐵が一番大切にしているもの。
それは、「安全」です。
鉄やステンレスなどの重量物を扱う仕事は、いつも危険と隣合わせです。
だからこそ、細心の注意を払って、どんなことでも安全を意識しなければなりません。
台風などで天気が荒れやすく、工場が濡れ、滑りやすくなる、この時期は、もっとも基本的なクレーンの使い方から、安全への意識を徹底していきます。

「段取 作業手順」 今週の目標

段取 作業手順.JPG今週の目標は、「段取 作業手順」です。
「安い。速い。きれい」。お客様が相鐵に期待する価値です。
それに応えるための、改善を継続しなければなりません。
これからは、生き残りをかけた時代です。どんなに小さな作業にも、どれだけ確立された作業手順でも、改善の余地は残されています。


« 2009年8月 | メインページ | アーカイブ | 2009年10月 »

このページのトップへ